マカオのカジノ2020年4期カジノ売り上げ回復顕著!3期より4倍超え増!

マカオの2020年の第4期のカジノの売り上げが回復顕著と伝えています。
3期は売り上げが激減しましたが、3期の4倍超えの増となり、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るっている中で順調な売り上げを上げています。

マカオのカジノには、徐々にカジノユーザーが戻りつつあるといえるでしょう。

マカオの2020年4期の売上増について、様々な観点から解説していきます。

マカオのカジノ2020年4期カジノ売り上げ回復顕著!3期より4倍超え増!

マカオのカジノは、新型コロナウイルス感染症の影響により2020年1月下旬以降は入境制限などの防疫対策が講じられてきました。
そのため、インバウンド客数の激減となり、2月にはカジノ施設の一時休業もあり、最後もテーブル数の限定などのニューノーマルの下にて営業を余儀なくされ、今日まできています。

マカオカジノ規制当局が発表した、2021年1月15日付けの2020年第4四半期及び通期の各種ギャンブル統計の公表では、2020年第4半期の総ギャンブル売り上げが前年同時期を比べて69.%減となっています。
しかし、第3半期のよりは4倍超えの売り上げとなり、徐々にマカオのカジノ情勢は良くなってきていると発表しました。
第4四半期には、ほぼ通常レベルの水準まで戻っています。

マカオのカジノには顧客が戻ってきており、以前のような活気がある理想のカジノの状態になっているといえます。

マカオのカジノにはカジノユーザーが集まり始めている

新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年1月下旬から第3四半期までマカオのカジノの売上は激減しました。
ゲームによっては6割減となっているものもあり、マカオのカジノでは過去にないほどの売り上げ減となってしまいました。
しかし、第4四半期には売り上げが急増し、マカオには着々とカジノユーザーが戻ってきているといえます。

マカオへの世界各国からの入国は、2021年1月25日現在制限されています。
そのため、他国からのカジノユーザーを集めることはできていません。
日本のカジノユーザーも、新型コロナウイルス感染症の影響がはじまってからマカオのカジノに行けていない方が殆どです。

マカオにカジノユーザーが集まり始めた理由は、中国のカジノユーザーが集まり始めたのが大きな影響となっています。
中国本土のカジノユーザーは、新型コロナウイルス感染症の影響により他国に行くことが制限されています。
そのため、カジノを楽しむためにはマカオに行くしか方法がありません。
そんな中国本土のカジノユーザーがマカオに集まり始めたことにより、2020年第4四半期より売り上げが激増しました。

マカオのカジノでは新型コロナウイルス感染症の心配はないのか

カジノといえば密な空間であり、新型コロナウイルス感染症が発生しやすい場所となっています。
マカオのカジノでは、新型コロナウイルス感染症の心配はないのでしょうか。

マカオの複数の中国語メディアが報じた内容によると。2020年10月上旬までマカオのカジノを運営している6社が民間検査認証会社と組んでおり、それぞれのカジノの施設の中にインバウンド旅客向けのウイルス検査スポットを開設したとのことです。

マカオのカジノは、ゲストや従業員全員のマスク着用やカジノ用品の消毒を強化しており、徹底した防疫対策を取って営業をしています。

マカオでは、6か月以上域内の新型コロナウイルス感染症の感染確認のゼロが続いています。
中国本土も状況は落ち着いた状態であり、2021年1月25日現在は新型コロナウイルス感染症の影響を考えることなくマカオでカジノを楽しむことが出来る状態となっています。

そのため、新型コロナウイルス感染症の心配なく中国本土のカジノユーザーはマカオでカジノを楽しむことができます。
中国本土のカジノユーザーも、マカオのカジノには新型コロナウイルス感染症の心配はないとわかっており、安心してカジノを楽しみに訪れている状態となっています。

2021年マカオのカジノの売り上げは着実かつ安定的に推移の見通し

マカオの2021年どの財政予算のカジノ売り上げの見込みは。2020年の実績より2倍を見込んでいます。
平年と比較すると割弱という数字ですが、見込み通り推移するのではないかと言われています。

2021年1月7日に囲み取材をしたマカオ政府経済財政庁の長官は、2021年度のカジノの売上について着実かつ安定的に推移する見通しに間違いはないが、市場の変化に対し細かい注意を払わないといけないと述べています。

中国本土からマカオへの従来制限緩和後のインバウンド旅客の戻りは、事前予想よりも緩やかな状況ではありますが戻っては来ています。
マカオ政府は、中国本土向けのインバウント誘致のプロモーションを積極的に展開して、現在よりも多くの中国本土からのカジノユーザーの集客を目指しています。
現行の施策をベースにして、旅客の滞在時間を長くするようにし、より消費額を多くすることができると述べています。

マカオでは2月中旬に春節という日本でいう旧正月にて、年間最大の書き入れ時となるホリデーを迎えます。
2021年の年間カジノの売り上げを見込み通りにするためには、春節の結果次第となるのではないかと言われています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました